アカガメ大行進

店長、地球が、燃えているんです いやあれは、アカガメたちの 大行進だ

金髪美女「凡庸な男がワインの違いを知っていたら惚れると思うの」

 f:id:akaikamedai:20161012031207j:plain

 

 

 

f:id:akaikamedai:20161011140929j:plain

 

誰にだってわがままにならないといけないときがある。

ワインにとって、それは発酵だったのよ。

金髪美女

 

(*画像はイメージです) 

 

 

ある夏の昼下がり、僕は大学のキャンパスにある噴水に腰掛け、まどろみに身を任せていた。すると、例の金髪の美女がこちらにやってきて、今度は僕の隣に腰をおろした。そのままなにも言わず、俯いたままの彼女の横顔は、白磁のように滑らかで、静謐だった。 

 

 

「凡庸な男がワインの違いを知っていたら惚れると思うの」

 

 

彼女はそれだけを呟くと、すっくと立ち上がり、そのまま歩いてどこかへ行ってしまった。僕が数秒間呆然としていると、さっきまでの眠気はあっさり消え失せていた。あたりには噴水の音だけが響いている。

 

 

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「何がどうあっても、ワインを知らなければならない」

 

 

僕は小走りで自宅に向かう。その時、すでにワインの教科書は腕のなかで大人しく僕に身を預けていた。

 

f:id:akaikamedai:20161012031259j:plain

 

スポンサーリンク

 

 

ワインってなんだ?

ワインの教科書を開いてみると、英語しか書かれていなかったため、そっとページを閉じた。まずは自分のなかから現れてくる疑問に耳を傾けよう。

 

 

そもそも、ワインとはなんなのだ?

 

 

ワインはぶどうから造られていることは知っている。でも、どうやってあの甘いぶどうが、あんなに渋くなるのだろう。加工の段階で、どうやったらアルコールに…?

 

 

 

「酵母よ」

 

 

背後から声がして、ゆっくりと振り返る。彼女がいることを僕はなぜか知っていたのだ。

 

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「ワインはね、葡萄の糖と酵母で造られるのよ

 

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「仕組みがよく分かりません」

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「酵母はね、酸素があるときには糖を食べて子孫を増やすけど、酸素がなくなると糖を分解して二酸化炭素とアルコールを放出しながら生命を維持しようとするの」

 

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「つまり、ぶどうの糖と酵母が、二酸化炭素とアルコールに変化して、ワインができるってわけですね」

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「その過程を発酵というのよ」

 

 

f:id:akaikamedai:20161012031357j:plain

図1 発酵の方程式

 

 

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「じゃあ、酵母はとてもわがままなんですか?

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「そうよ。誰にだってわがままにならないといけないときが来るの。あなただって、お金がなくなったら女にせがむのでしょう?」

 

 

それは僕にとって真実ではなかった。しかし、哀愁をたたえている彼女の碧い目を前にして、僕はなんと答えることができたであろうか

 

 

赤ワインと白ワインの違いは?

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「なんで、同じぶどうから造られてるのに赤と白のワインがあるんですか?」

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「それなら、葡萄を想像してみなさい」

 

 

僕は、ぶどうを想像してみる。紫の外皮に包まれた、黄緑色の実。それは食べると確かに甘いはずだ。

 

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain赤ワインはね、実も皮も、種も一緒に発酵させるのよ。逆に、白ワインは、実だけ発酵させる」

 

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「あの赤ワインの色は、皮と種からきてるんですね」

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「それだけじゃないわ。葡萄の皮には、タンニンという渋みの成分が詰まっているの。だから、赤ワインは白ワインに比べて渋い」

 

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「白ワインのほうが飲みやすいのは、そういう理由なんですね」

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「赤ワインも美味しく感じるようになるわよ。あなたがもうすこし大人になれば」

 

 

ワイン用ぶどうと食用ぶどうには違いがある

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「じゃあ、僕がスーパーで買ってきたぶどうで、ワインを造ることはできますか?」

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「できなくはないわ。でも、ワインに使われる葡萄と、スーパーに並んでいる葡萄は本質的に違うのよ」

 

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「種類の違いですか?」

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「そうね。ワインに使われるのは、ヴィティス・ヴィニフェラ種という葡萄よ。90%のワインが、この種類の葡萄から造られるの」

 

 

彼女の口から聞き慣れないことばが出てくる。ヴィティス・ヴィニフェラ

 

f:id:akaikamedai:20161012031617p:plain

 図2 ぶどうの違い(左がワイン用ぶどう、右が生食用ぶどう)

 

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「生食用やジュースに使われるのは、ヴィティス・ラブルスカ種の葡萄なの。ワイン用葡萄のほうが、糖度が高くて、粒が小さいの」 

 

 

まとめ

それから僕と彼女は、ワインテイスティングをした。リースリングという白ワインらしい。口に含んでみると、甘くて、飲みやすい。

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「ワインの教科書を買ったあなたは、いつもより素敵にみえるわ」

 

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「こんな僕でもですか?」

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「ワイン巡りに一緒に行ってもいいくらい。あなた、ニューワールドとオールドワールド、どちらに行きたいかしら?」

 

 

 

ニューワールド?なんのことを言っているのだろう

 

 

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「もしかして、あなた、新世界と旧世界の違いを知らないの?

 

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「大阪の新世界とか…新約聖書や旧約聖書ならわかるんですけど…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:akaikamedai:20161011173601j:plain「それじゃあ、惚れられないわね

 

 

 

彼女は持っていたグラスを机のうえに置くと、そのまま部屋の玄関のほうへ行ってしまった。

 

 

「次は、新世界に詳しくなることね」

 

 

去り際にそれだけを言い、彼女はいなくなった。リースリングの甘さだけが僕には残った。

 

 

 

f:id:akaikamedai:20161005143333j:plain

 

第3話はこちら。

 

白ワインが大活躍しました。


テイスティングについてはこちら。


 

広告を非表示にする