アカガメ大行進

店長、地球が、燃えているんです いやあれは、アカガメたちの 大行進だ

ハロウィン間近のサンフランシスコでアカガメ大行進した話

 

ハロウィンの仮装をする二人組

 

ハロウィンは、いつからこんなオオゴトになったのだろう。

 

 

 

 

 

夜、ベッドのうえで日本のニュースを確認すると、

 

f:id:akaikamedai:20161031161123j:plain

(出典:ハロウィーン2016 厳戒渋谷ルポ 日付けも変わり混雑は急激に緩和も…群衆が去ったあとには空き瓶や空き缶 (産経新聞) - Yahoo!ニュース)

 

渋谷の駅前がごったがえしていた。このレベルか。

 

 

 

大学生活3年間、渋谷まで30分のところに住んでいたのに、仮装もせずにハロウィンを過ごしていた。いやいや、仮装なんかして、渋谷を歩くの楽しいの?と斜にかまえているフシがあった。

 

 

 

そんなアカガメもアメリカにくるとこうなる。

 

f:id:akaikamedai:20161031162114j:plain

 

森のなかにピエロが立っていても、こいつが立っていても、トラウマになって2週間は眠れなくなる、通称アカガメスタイル

 

 

 

 

さて。

今回は、アカガメ仮装してサンフランシスコに行った話をしよう。

サキにいっておこう。この話は、ハッピーエンドでも、バッドエンドでもない。あったことをただ淡々と書きつづるだけだ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

出発の準備〜着がえ〜

サンフランシスコ・ハロウィン。

僕らは高みを目指し、田舎町から大都会まで遠征することにした。これ以上望めないくらいの大舞台。アカガメの仮装もはかどりにはかどる。

 

 

 

 

寮の部屋で仮装準備。こちらが完成版。

 

f:id:akaikamedai:20161031171828j:plain

 

 

 

 

f:id:akaikamedai:20161031165440j:plain「あれ、なんで甲羅がミドリなの?」

 

 

と思ったそこの君。いいシツモンだ。

 

 

 

当初の計画は、ハロウィンの大混雑のなか、甲羅に赤いペンでサインを書いてもらい、いつのまにかアカガメもどきになっている、という感動的なストーリー。当初の計画では。

 

 

 

 

これがオトモのゴリラくん。

 

f:id:akaikamedai:20161031162345j:plain

 

それにしても鏡の前でコスプレを自撮りするときの虚しさ、あれはなんなのだろう。

 

 

 

 

 

 

着替えていると部屋のアメリカ人に、

 

 

 

 

 

 

f:id:akaikamedai:20161031163833j:plain「ハロウィンは10月31日だよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

裏をかえせば、

 

 

 

 

 

 

 

f:id:akaikamedai:20161031163833j:plain「なんで10月29日にハロウィンの仮装しているの?」

 

 

 

 

という彼の素朴な疑問。

 

 

 

 

 

 

 

僕たちの答えも単純だ。

 

f:id:akaikamedai:20161031162841j:plain

(出典:【2016】ハロウィンイベントを楽しむ!東京周辺の仮装イベント15選♡-カウモ)

 

 

 

 

 

f:id:akaikamedai:20161011173635j:plain「ただこれよ。この言語化できない、雰囲気を味わうためよ」

 

 

 

 

f:id:akaikamedai:20161031163833j:plain「ふぅん」

 

 

 

 

これをゲームのなかではフラグといい、小説のなかでは伏線という。アメリカ人の忠告は聞いておくべきだ。

 

 

 

サンフランシスコ〜カストロストリート

僕は電車に乗ったあたりから、手足カメ病にかかりはじめた。

 

 

手足カメ病とは、自分はカメなのだとの自己暗示にかかりすぎて、心もカラダもカメになること。症状としては、体調不良。  アカガメ

 

 

 

ざっくりいうと、体調不良。

原因は昼に調子乗って食べたテリヤキチキン丼かな?そういうことにしておこう。

 

 

僕らはサンフランシスコにたどり着くと、タクシーを呼んでカストロストリートに行った。午後4時くらいのことだ。

 

ゲイの街として有名なカストロストリートは、ハロウィンパーティも有名だ。というのを事前に調べていた一行。

 

 

ふだんのカストロストリートは、こんな感じだ。

 

f:id:akaikamedai:20161031164450p:plain

(出典:Castro District guide, moving to San Francisco | StreetAdvisor)

 

LGBTのシンボルである、レインボーフラッグが街じゅうではためいている。

 

 

 

 

 

僕のハロウィンのイメージはこうだ。

 

f:id:akaikamedai:20161031162841j:plain

 

 

 

 

アッポーペンとパイナッポーペンを合わせるくらい単純に考えれば、ハロウィンのカストロストリートは無敵。

 

 

 

10月29日、夕方のカストロストリートは、こうだった。

 

f:id:akaikamedai:20161031173845j:plain

 (イメージ写真:カストロストリートにおけるアカガメ氏とゴリラ氏)

 

 

 

いつもと変わらないね。 

 

 

 

後日談によると、カストロストリートのハロウィンパーティは、人が集まりすぎて2007年に中止になったそう。

 

これでは仕方がない。僕たちは次の手を摸索しはじめた。

 

 

 

仮装の欠点が明るみになる

カメになると、視界が狭くなる。前しか見えない、肉食動物スタイルでカメがのっしのっしと歩いていると、フンを踏んだ。

 

 

これに関してはしょうもないダジャレしかひねり出す気力がない。 

 

前日、雨が降っていた。地面がぬかるんでいたのも確かだ。それを差し引いても泥の感触としてはしなやかすぎるフミ心地。のめりこんでいく靴の感覚にハッと気づいて足の裏をみれば、ついているではないか。黄土色のフンが。

 

 

 

 

泣きそうだった。赤色のオニツカタイガー。お気に入りなのに…

 

f:id:akaikamedai:20161031175930j:plain

(写真:被害に遭われたオニツカタイガー氏とアカガメ氏とゴリラ氏)

 

それからのタクシー移動は地獄だった。密閉空間でのフンは脅威だ。みんなにも、運転手にも申し訳なくなった。そして、赤子ひとりぶんの緑色の甲羅も邪魔すぎた。

 

 

移動先は、ユニオンスクエア。サンフランシスコの一大観光地だ。

 

 

 

サンフランシスコ〜ユニオンスクエア

f:id:akaikamedai:20161031165119j:plain

(出典:ダウンタウンの中心!サンフランシスコのユニオンスクエア観光 - 4泊6日で満喫するサンフランシスコ旅行

 

ふだんは、六本木ヒルズにいるかのような都会の雰囲気をまとっている、ユニオンスクエア。おしゃれなショップもずらりと並んでいる。

 

 

 

 

 

そんなユニオンスクエアも、すっかりハロウィンモード

 

f:id:akaikamedai:20161031173338j:plain

(イメージ写真:ユニオンスクエアにおけるアカガメ氏とゴリラ氏) 

 

 

という幻想は打ち砕かれた。

 

 

 

 

 

ハロウィンは10月31日なんだということに気づいた。よくよく考えれば確かに、クリスマスだって24日と25日しかカップルはイチャコラしないし、12月30日に年越しそばはすすらない。

 

 

 

 

 

 

盲点だった。

 

 

 

 

 

 

f:id:akaikamedai:20161031162841j:plain

 

こちらがおかしいのか!金土日と週末全部がイベント期間になっているほうが。

 

 

 

 

 

 

 

夢やぶれた。

 

 

 

 

 

 

帰りはタクシーで帰った。フンがすごかった。

 

 

 

 

まとめ

・仮装はハロウィン当日が一番盛りあがる

・仮装しているときの身の回りには気をつけよう! 

 

 

間違いない。

サンフランシスコ、というかアメリカでハロウィンを満喫するなら、イベント情報を確認すべき。渋谷のように自然発生的にヒトがあつまるなんてこと、ない。当たり前か。

 

 

 

それが当たり前だよな。

 

 

ということは。

別の国の文化をうまく適応させる日本、すげえよな。

 

 

君たちは本場ハロウィンの熱狂すら凌駕してしまったのだよ…

 

 

 

f:id:akaikamedai:20161005143333j:plain

 

 

カメの仮装の紹介はこちら。

 

のちに不幸認定されました。

 

メリカ人もいるシェアハウスでの話はこちら。


広告を非表示にする